ホーム > 骨が少なくてインプラントができないと言われた方へ

骨が少なくてインプラントができないと言われた方へ

インプラントとは

「インプラントを入れてもらおうと思ったけど、骨が少ないから難しいと言われてしまって」他の歯科医院でそのような診断を受けてしまった方も、一度当院にご相談ください。

当院では、骨が少なくてインプラント施術が難しい方のために、骨を造成するためのいくつかの方式を行うことが可能です。支える骨さえあれば、インプラントの埋め込みができ、その上に頑丈な人工歯を補綴することできます。以下に簡単ではありますが、それぞれの方式についてご説明します。

GBR法(骨再生誘導法)

上顎の少なくなってしまった骨を補填する方式がこのサイナスリフトです。 骨が足りないところに膜を張り、
作られたスペースに骨の元となる素材を仕込む骨造成術です。


これによってインプラントを埋め込むのに必要なだけの骨を確保することが可能になります。
治療の期間は従来よりも長くなってしまいますが、確実に頑丈なインプラントを埋め込むことができます。

サイナスリフト

上顎の少なくなってしまった骨を補填する方式がこのサイナスリフトです。 上顎の少なくなってしまった骨を補填する方式がこのサイナスリフトです。

上顎のさらに上には上顎洞という空洞があります。本来ならば歯と上顎洞の間には十分な骨があるのですが、骨の少ない方ですと、歯のすぐ上が空洞になっていることがあります。これではインプラントを埋め込みたくても空洞になっているため固定することができません。そこで、口腔内と上顎洞の境目となっている膜を押し上げ、そこに人工骨を流し込みます。こうすることでインプラントを差し込むだけの骨ができあがります。

サイナスリフトという方式は、鼻の横の辺りに穴を開けて、上顎洞の膜を押し上げます。かなり大掛かりな手術となり、場合によっては当院の機材だけでは難しいこともあります。そこまで骨が少なくなっているケースはほとんどありませんが、この場合は対応できる大きな病院をご紹介しますのでご安心ください。

ソケットリフト

上顎の少なくなってしまった骨を補填する方式がこのサイナスリフトです。 サイナスリフトが大掛かりで、上顎の広範囲に渡って骨を補強していくのに対し、ソケットリフトはピンポイントに上顎洞膜を押し上げます。
1本2本程度のインプラントであればこちらの方式を採用します。



お電話にてお問い合わせください。TEL:042-686-3739