ホーム > インプラントがはずれてしまった方へ

インプラントがはずれてしまった方へ

インプラントがはずれてしまった方へ

インプラントがはずれてしまうというケースは、大きく分けて3つあります。

・上部の人工歯部分がはずれる
・インプラントと土台のところではずれる
・根っこのインプラントごとはずれる


それぞれのケースについて、原因と対処法をご説明します。

上部の人工歯がはずれた場合

噛み合わせは一年の間でも変わっていくものです。場合によってはインプラントのところだけが当たってしまうこともあり、ポロッと上部構造がはずれてしまうことがあります。他の歯ならば当たる部分は削れていくのですが、インプラントの上部構造はセラミックでできているため削れることはなく、外れるようにできています。

本来ならば、インプラント施術後の定期的なメンテナンスにて噛み合わせを調整することで、このような事態を防ぐことができます。

はずれてしまった場合の対処法ですが、その物自体が壊れていない場合はそのまま戻す場合が多いです。
 

インプラントと土台のところではずれた場合

インプラントと土台を繋いでいる部分が緩んでしまうのは、過度の咬みあわせによる場合や、一番後ろの奥歯に起きることが多いです。

土台がはずれてしまった場合の対処法ですが、まずは元の歯科医院へ行くことを推奨しています。保証が適用される場合がありますし、当院では使っていないインプラントだと対応できない場合があるからです。
 

インプラントごとはずれた場合

根っこごと全てはずれてしまった場合、そのまま元に戻すことは出来ません。隙間から歯垢が入り込んでしまい、インプラント周囲炎にかかっていることがほとんどです。

歯垢がたまりインプラントの周囲組織に影響を与えると、歯肉が剥がれて、骨の強度も下がり、インプラントを結合させている部分が弱ってきてしまいます。グラグラになってしまい、骨結合のおかげでそう簡単には取れないインプラントも、ついにはポロッと脱落してしまいます。
これはつまりお口の中が病気になっている状態です。まずはこの病気を治してあげないともう一度インプラントをすることができません。炎症を根底から治療し、インプラントに必要なだけの骨を確保しないといけません。

当院ではこれら全ての治療を行いますが、このときに必ず、「もう一度インプラントをしたら、次は同じことが起きないよう、定期的なメンテナンスに来てくださいますか?」とおうかがいします。私たちとしてもやはり、自分の行った施術で長く安心してインプラントを使っていただき、患者さまの健康が長続きしてほしいと思っています。それが患者さまの生活をより幸せで楽しいものにすると私たちは考えているからです。

同じことが起きないよう、私たちが患者さまのお口を徹底管理いたしますので、当院でのインプラントをぜひご利用ください。
お電話にてお問い合わせください。TEL:042-686-3739