歯周病とその対処

歯周病とは

歯周病とは 歯周病菌に感染した歯肉が腫れたり出血したり、最終的には抜けてしまう疾患です。

軽微であれば症状を自覚する事が非常に難しく、日本人の成人であれば80%以上が歯周病に罹患していると言われています。また、近年では心臓・循環器疾患や糖尿病といった他の生活習慣病との関係性も指摘されており、社会問題となっています。

インプラント治療を行う理由の大半が歯周病で失った歯を補うためのものです。
ですから、歯周病を放ってしまっていては、インプラントを埋入してもまた新たに他の歯を失ってしまう事態にもなりかねません。最悪、折角入れたインプラントその物が駄目になってしまう事もあります。
 

 

歯周病治療
通常であれば、腫れてしまった歯肉を薬で沈静化させたり、歯の表面を掃除したりといった処置がなされます。
しかし、これは実は根本的な解決には結びついておりません。あくまでも対処療法なのです。

そこで当院では、最先端の歯周病治療法PTD(photo dynamic therapy)「ペリオウェイブ」を導入しております。
PTDとは光線力学療法と呼ばれるもので、患部にレーザーを当てて直接細菌を破壊するという治療法です。
その特徴には、
「薬を飲まないので副作用の心配が無い」
「繰り返し処置出来る」
「低熱のレーザー光治療の為、痛みが無い」
といった利点が上げられます。
歯科ではまだ新しい技術ですが、癌や皮膚、眼科などでは20年以上前から行われています。

まずは歯周病を治し、インプラントの成功率を高めましょう。
 
お電話にてお問い合わせください。TEL:042-686-3739