ホーム > インプラントが初めての方へ

インプラントが初めての方へ

インプラントが初めての方へ

近年、歯のインプラントというものがそう珍しくなくなり、その名前を耳にしたことがあるという方も増えてきたかと思います。ですが、ではインプラントとは何かと尋ねられると、すんなり答えられる方は少ないのではないでしょうか?

漠然と、少し上等な入れ歯――そのように思われているのでは?

実は、全然違うんです。

構造はもちろんですが、その働きや効き目も、入れ歯や差し歯とは別物なのです。
ここでは、インプラントとは何かという事を説明させていただきます。

歯を抜かなければいけないという状況

私たちとしても、できるだけ患者さまの歯を残しておきたいのが心情です。

しかしどうしても、「歯を抜かなければいけない」という状況があります。虫歯が深くなってしまったり、歯周病で歯がグラグラになるまで悪化してしまっていたり、外的な要因で歯が折れてしまったり。そういったお悩みを抱える方は歯を抜かなければいけなくなる場合があります。

歯を抜いてしまえばそれで終わり、というわけにもいきません。歯は隣同士でバランスをとり合っているので、一本でも歯が失われると噛み合わせがずれ込んできます。歯並びが悪くなり、食べ物を噛む力が弱まります。これを後から治すにはたいへんな時間がかかってしまいます。

そこで歯が抜けてしまったときの最善の治療法として、私たちはインプラントをお奨めしています。
 

インプラントと、入れ歯・ブリッジとの違い


インプラントは見た目がとても綺麗です。

生じるイメージとしておそらく一番大きなものは、「インプラントは見た目が綺麗な入れ歯」というものでしょう。しかし、実はそれは大きな間違いなのです。

まず入れ歯やブリッジの役目ですが、これはストッパーと考えてくださって間違いありません。歯と歯の間を埋めて動かないようにするのです。ですが、これで元の歯の機能を取り戻せるわけではありません。入れ歯では、食べ物を咀嚼するということが難しいのです。機能としては、元の歯の2割から3割程度といったところでしょうか。また、他の歯を支えとして利用するため、周りに影響を与えてしまうことは入れ歯やブリッジのデメリットといえます。結果的に他の歯が消耗してしまい、抜歯になる場合もあります。

やはりトータル的に見て、断然お得になってくるのはインプラントなのです。インプラントもおおよその目的は入れ歯と変わりません、残った歯のストッパーです。しかし、インプラントは元の歯の機能を高い精度で取り戻すことができます。完全にというわけではありませんが、全く違和感を抱かないくらい、食べ物を噛むことができるはずです。

入れ歯とインプラントの一番の違いは、見た目の綺麗さではありません。
その機能性こそが違いなのです。


健康なご自身の歯が残っているのであれば、それに越したことはありません。インプラントといえど自然の歯には適いませんから。しかし、何かしらのご事情があって歯を抜かざるを得ない事態になってしまったのであれば、その補填として、歯の機能を保ち、快適な食生活を送ることができるインプラントを私たちはお奨めいたします。
 

インプラントの基本構造

予後メンテナンスの重要性 まず一つ目は、フィクスチャー(歯根部)と呼ばれる物です。
これはネジを想像していただければ間違いではないと思います。ネジ状の物を直接顎に埋め込みインプラントの根っこにするのです。材質は主に金属アレルギーを起こしづらいチタンかチタン合金で作られていますので、身体に異物を埋め込むという事に関して注意を払って作られています。
二つ目は、フィクスチャーの上に取り付けられるアパッチメント(支台部)。
後述する上部構造とフィクスチャーを繋ぐ役目をする、連結部にあたる物です。これも多くはチタンかチタン合金ですが、綺麗さを優先させてセラミック製の物を使用する場合もあります。
最後に上部構造補綴物(人工歯)。
多くの人が、インプラントと認識しているであろう部分です。白い素材で本物の歯を模している物です。内側が金属で裏打ちされたメタルボンドというものや、全てセラミックで出来ているオールセラミックなどの種類があります。

インプラントと一口にいっても、これらのパーツの組み合わせで作られているのです。
 
お電話にてお問い合わせください。TEL:042-686-3739