インプラントとは

インプラントとは

近年、歯のインプラントというものがそう珍しくなくなり、その名前を耳にした事があるという方も増えて来たかと思います。ですが、ではインプラントとは何かと訊かれるとすんなり答えられる方は多くはないのではないでしょうか?

漠然と、少し上等な入れ歯――その程度と思われているのでは?

実は、全然違うんです。

構造はもちろんですが、その働きや効き目も、入れ歯や差し歯とは全くと言っていいほど別物なのです。
ここでは、インプラントとは何かという事を説明させていただきます。

インプラントの基本構造

インプラントは、大きく分けて三つのパーツから成り立っています。

まず一つ目は、フィクスチャー(歯根部)と呼ばれる物です。

これはネジを想像していただければそう間違いではないでしょうか。ネジ状の物を直接顎に埋め込みインプラントの根っこにするのです。
材質は主に金属アレルギーを起こし辛いチタンかチタン合金で作られていますので、身体に異物を埋め込むという事に関して注意を払って作られています。

二つ目は、フィクスチャーの上に取り付けられるアパッチメント(支台部)。

後述する上部構造とフィクスチャーを繋ぐ役目をする、連結部に当たる物です。これも多くはチタンかチタン合金ですが、綺麗さを優先させてセラミック製の物を使用する場合もあります。

最後に上部構造補綴物(人工歯)。

多くの人が、所謂インプラントと認識しているであろう部分です。
白い素材で本物の歯を模している物です。内側が金属で裏打ちされたメタルボンドというものや、全てセラミックで出来ているオールセラミックなどの種類があります。
インプラントと一口にいっても、これらのパーツの組み合わせで作られているのです。

インプラントと入れ歯の違い

インプラントは見た目がとても綺麗です。

インプラントは見た目がとても綺麗です。

そこから生じるイメージとしておそらく一番大きなものは、インプラントは見た目が綺麗な入れ歯である、というものでしょう。でも、実はそれは大きな間違いなのです。


まず入れ歯の役目ですが、これはストッパーと考えてくださって間違いありません。
歯というのは、実はお互いがお互いを固定し合っているのです。ですから、一本でも抜いてしまえば、残った歯はその支えを失って徐々に動いていってしまうのです。
これを防ぐ為に入れるのが入れ歯です。
歯と歯の間を埋めて動かないようにするのですね。ですが、これで元の歯の機能を取り戻せる訳ではありません。

入れ歯では、食べ物を咀嚼するという事が難しいのです。
機能としては、精々が元の歯の2割から3割程度といったところでしょうか。

そこでインプラントなのです。
インプラントもおおよその目的は入れ歯と変わりません、残った歯のストッパーです。しかし、インプラントは元の歯の機能を高い精度で取り戻す事が出来るのです。勿論完全にという訳ではありませんが、全く違和感を抱かない程度には食べ物を噛む事が出来るかと思います。

入れ歯とインプラントの一番の違いは、見た目の綺麗さではありません。
その機能性こそが違いなのです。

健康なご自分の歯が残っているのであれば、それに越した事はありません。
インプラントといえど自然の歯には適いませんから。

しかし、何かしらのご事情が有って歯を抜かざるを得ない事態になってしまったのであれば、その補填として、歯の機能を保ち、快適な食生活を送る事が出来るインプラントを私共はお奨めいたします。
 
お電話にてお問い合わせください。TEL:042-686-3739